簡単テストゲーム

Safali,Chromeでは文字化けすることがあります。その場合はブラウザを適宜変更してください。

2014年度 情報検索基礎能力試験 簡単テストゲームアップしました。(2016/6/13)
http://www.isforum.jp/qz14-k/tqindex.cgi (q4,q9,q14a追加)
http://www.isforum.jp/qz14-2/tqindex.cgi (q5,q10追加)

ISーForumとは?

関西/西日本地域在住のメンバーが中心に活動する“検索技術者検定”(旧:データベース検索技術者試験/情報検索能力試験・・一般的に”サーチャー試験”と呼ばれている)の合格者の会です。

 試験合格者同士が、業種を越えて共通に話し合える場を持とうと、1988年 12月に「データベース・サーチャーの会(関西)」として西日本地域の合格者有志を中心に活動を始めました。

 その後、データベース検索だけではなく「インフォメーション」についての「スペシャリスト」を目指し、情報関連業務にかかわる幅広いテーマを研究の対象としようと、1991年に「インフォ・スペシャリスト交流会(IS Forum)」と名称を改めました。その後も関西を中心に活動を続けており、2016年現在、おおよそ80名の会員で構成されています。

 主な活動は、自らが主体的に参加することによる、全体の研究会および分科会活動(特許分科会、インターネット分科会など)、NewsLetterを通しての会員間の交流です。研究会ではその時々の話題を設定、会員が話題提供をすると共に、会員以外のゲストにお話しをしていただくこともあります。

第84回研究会会場変更のお知らせ

2018年2月22日(木)18:30開催予定の
第84回インフォ・スペシャリスト交流会(IS Forum)研究会会場が変更になりました。

新会場 :大阪産業創造館 6階 会議室E

お間違いのないようお越しください。

インフォ・スペシャリスト交流会 第84回研究会 開催案内

インフォ・スペシャリスト交流会 第84回研究会 開催案内

2018年1月11日

本研究会では、
「フェイクニュースの時代~この情報って大丈夫?」(仮称)
と題して話題を提供していただきます。
今回は、マルチメディア時代のニュースに対する対処法や取材の
苦労話とともに、裏話などが聞けることと思います。企業の
知財関係者、図書館司書にとって日ごろあまりお付き合いがない
業界だけに、この機会を逃さずぜひご参加ください。
終了後は、恒例の懇親会も予定しております。

Ⅰ. 第84回研究会(参加費無料)
1.開催日: 2018年2月22日(木)18:30~20:00
(休憩、自由討論を含む)

2.会 場: 大阪産業創造館 6階 会議室E 
URL:
http://www.sansokan.jp/map/
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5  TEL: 06-6264-9800
<最寄り駅> 地下鉄中央線もしくは堺筋線の堺筋本町駅

3.詳細 
・テーマ :フェイクニュースの時代~この情報って大丈夫?(仮称)    

インフォ・スペシャリスト交流会 第83回研究会 開催案内

インフォ・スペシャリスト交流会 第83回研究会 開催案内

                            2017年09月29日            
1級を目指すリフレッシュ研究会のご案内
今年も「検索技術者検定」を思い出す時期に
なりました。えっ!すっかり忘れていましたか? 「既に2級を取得して
いるけど、次はどうも・・・」と思っている方には必見です。1級チャレンジ
について一緒に意見交換しませんか? これまでなぜか高かった受験の
ハードルですが、実は大したことなさそうに思えるセミナーです。
昨年度に続いて、今回も会員・非会員問わず、同じ目的をもつ者同士の
情報交流を中心として、1級を目指すリフレッシュ研究会を開催します。
1級取得者の勉強方法など経験談を聞きながら、全員で情報交換しましょう。
なお終了後の懇親会はありません。研究会の中で、ケーキとお茶で
リラックスしながら進めます。
 
Ⅰ.第83回研究会(参加費:会員は無料、非会員は1,000円(当日ご持参下さい))

1.日 時: 2017年 10月 27日(金)18:30-20:00(休憩、自由討論を含む)

2.会 場: 産業創造館 5F 研修室D   URL:http://www.sansokan.jp/map/

インフォ・スペシャリスト交流会 第82回研究会 中止のお知らせ

緊急お知らせ
★ ★★2017年9月7日開催予定のインフォ・スペシャリスト交流会 第82回研究会は中止となりました。★★★

インフォ・スペシャリスト交流会 第82回研究会 開催案内
Ⅰ.第82回研究会(参加費:会員は無料、非会員は2,000円(当日ご持参下さい))
1.日 時: 2017年 9月 7日(木)18:30-20:00(休憩、自由討論を含む)
2.会 場: 産業創造館 5F 研修室E   URL:http://www.sansokan.jp/map/
      〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5 TEL: 06-6264-9800
      <最寄り駅> 地下鉄中央線もしくは堺筋線の堺筋本町駅(上記URL参照)
3.詳 細:  
・テーマ : 「技術の本質を追及する-青色発光ダイオードの開発経緯を考察―」
   技術の本質を追究することは容易ではない。ノーベル物理学賞受賞の栄誉に輝いた
青色発光ダイオード特許の発明者赤崎勇教授も本質追究を怠ったことを強く悔やんで
おられる。技術開発競争に勝ち抜くために、そして知的財産競争に勝ち抜くためには
技術(発明)の本質を見極めることは極めて重要である。
(1)青色発光ダイオードが日亜化学を大企業に成長させた「日亜化学の知財戦略」

インフォ・スペシャリスト交流会 2017年度総会・第81回研究会

インフォ・スペシャリスト交流会 2017年度総会・第81回研究会

Ⅰ. 2017年度総会および第81回研究会(参加費無料)
1.開催日: 2017年6月2日(金)
2.会 場: 大阪産業創造館 5階 研修室E    
URL:http://www.sansokan.jp/map/
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5  TEL: 06-6264-9800
<最寄り駅> 地下鉄中央線もしくは堺筋線の堺筋本町駅
3.開催時間及び詳細:  
a)総会 18:00-18:25 
b)第81回研究会 18:30-20:00(休憩、自由討論を含む) 
・テーマ : ビビブリオバトル ~本を通じて人を知る 人を通じて本を知る~」
II. 懇親会 開催時間:20:00-21:00 参加費: 2,000円/人(当日ご持参下さい)

インフォ・スペシャリスト交流会 第80回研究会

インフォ・スペシャリスト交流会 第80回研究会 開催案内
2016年12月26日
Ⅰ.第80回研究会(参加費無料)
1.開催日: 2017年2月10日(金)18:30~20:00
2.会 場: 産業創造館 5階 研修室E  URL:http://www.sansokan.jp/map/
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5  TEL: 06-6264-9800
<最寄り駅> 地下鉄中央線もしくは堺筋線の堺筋本町駅
3.詳細:  
・テーマ :「急激に変化する「情報化」社会のリスクマネジメント」
・内 容 :
1. 10年前の時代と今の時代は「何が違う」のか?
2. 何でも手に入るインターネット=買い物の話ではない
3. 情報の重要性と危険性
4. 変化した社会の期待値・空気、そして炎上というもの
5. ミニ・ワークショップ=あなたの担当分野のリスクを考える
6. あなたがリスクに備えるには?
7. 企業不祥事は何故、後を絶たないのか?
8. 法を守るだけでは足りない。社会の変化やその視線に対応すること
9. 事業者あるいはプロフェショナルとしての覚悟
10. 明日に向けて
 

じょいんと懇話会 (2016年11月25日開催)のお知らせ

情報と人をつなぐ、じょいんと懇話会 (2016年11月25日開催)のお知らせ
【日時】 2016年11月25日(金)18:40~19:40 講演
19:40~21:00 懇親会(立食パーティ)
【会場】 大阪市中央公会堂 大会議室(大阪市北区中之島1丁目1番27号)
【テーマ】人工知能と記号創発ロボティクス
~情報の意味とコミュニケーションについて考える~
【講師】 谷口忠大氏(立命館大学情報理工学部知能情報学科准教授)
【定員】 40名(先着順)
【参加費】3,500円(懇親会代込み)

インフォ・スペシャリスト交流会 第79回研究会

インフォ・スペシャリスト交流会 第79回研究会
Ⅰ.第79回研究会(参加費:会員は無料、非会員は2,000円(当日ご持参下さい))
1.日 時: 2016年 11月 4日(金)18:30-20:00(休憩、自由討論を含む)
2.会 場: 産業創造館 5F 研修室C   URL:http://www.sansokan.jp/map/
3.詳 細:  
・テーマ : 「米国関税法違反をクリヤしたトヨタの戦略-その秘密(ヒント? 鍵?)は
先行技術にあった! (米国ITC事件に学ぶ)」
・内容  :トヨタとしては完璧に米国特許保証戦術と対策をしたと考えていたにも関わらず
突然ITCに訴えられた。これには、トヨタ自身の先行技術が決めてとなり圧倒的有利に解決した。
GMも法的にはトヨタと同様な立場であったが、GMは高い実施料を払い続けなくてはならなかった。
いったいどういう要因で明暗をわけることができたのか? 米国の法制度とその中で展開する
事業戦略について紹介する。
・米国ITC事件とは、トヨタの車に使用されている変速機構が米国企業の特許を侵害するとして
相手方がITCに訴えた事件のことをいう。
・ITC:米国国際貿易委員会(US International Trade Commission, ITC)

コンテンツ配信